男性

中古バスはサポートがしっかりした業者から購入する

状態を判断する

トラック

中古トラックを購入するときには走行距離をきちんと確認する必要があります。値段が安く製造年が最近のものだからといって走行距離を確認せずに購入してしまうと思わぬトラブルが発生してしまうかもしれません。製造年が新しいものでもたくさん走った中古トラックはいろいろな部品の消耗が激しく、購入してすぐに壊れてしまうこともあります。せっかく安い値段で中古トラックを手に入れても修理費用がかかり結局高くなってしまうこともあるので、走行距離の確認を忘れてはいけません。では、走行距離があまりないものならどの中古トラックでも大丈夫なのかというとそうではありません。あまり走っていないものでも使用方法や保存方法によっては劣化が激しいことがあります。例えば業務用として使用されていたものは重い荷物を多く運ぶことがあるのでエンジンやタイヤに負担がかかるものです。酷使されていた中古トラックの場合内部でダメージを蓄積していることがあります。使用方法の他に、手入れや保管方法をきちんと行なわれていなかった中古トラックは故障しやすいです。手入れを怠ったものや雨風にさらされる場所に保管されていたものはその分劣化も進みやすいので製造年や走行距離から状態を判断することは難しくなります。こうした商品を選んでしまわないように、きちんと状態の把握や整備を行なっている業者から購入することが大切です。信頼のできる業者では走行距離などだけではなく状態をよく見て値段の設定をしています。整備をきちんと行なう場所の他に、中古トラック選びで失敗しないためには試乗ができるところや保証期間が設けられているところを選ぶようにしましょう。